• ホーム
  • TOPICS
  • 「第4回上智大学建学の精神を学ぶ旅 -カンボジアのソフィア・アジア・ミッションを訪ねる-」参加費の一部をご寄付いただきました。

TOPICS

第4回:上智大学建学の精神を学ぶ旅 -カンボジアのソフィア・アジア・ミッションを訪ねる- 参加費の一部をご寄付いただきました。

 アンコール遺跡国際調査団長の石澤良昭教授同行のもと、今年の8月4日(木)~10日(水)に実施された「第4回上智大学建学の精神を学ぶ旅-カンボジアのソフィア・アジア・ミッションを訪ねる-」のツアー参加者から計54万円をこの度ご寄付いただくこととなり、10月14日、髙祖敏明理事長、石澤良昭教授(アジア人材養成研究センター長)ご列席のもと、贈呈式が行われました。

 

 2013年度より毎年行われているこの「上智大学建学の精神を学ぶ旅」は、旅行代金のうち20,000円を石澤良昭教授が推進するアンコール・ワット西参道修復工事への寄付とさせていただいており、この度の54万円を含め、これまでのご寄付額は約145万円余り(SOPHIA未来募金累計)に達しています。

 贈呈式では、石澤先生をはじめ当ツアー参加者の皆様より髙祖理事長へ目録が贈呈され、その後、現地での写真をご覧になりながら、旅の思い出や現地の様子、アンコール遺跡の現状などについて報告や情報交換がなされました。

 ツアーに参加し実際に現地の様子を肌で感じていただき、その参加費の一部をご寄付として頂戴することは、当センターが一貫して取り組む「世界遺産への国際貢献」を進めていく上で大変大きな支えとなっており、この場をお借りしあらためて御礼を申し上げます。

 「上智大学建学の精神を学ぶ旅-カンボジアのソフィア・アジア・ミッションを訪ねる-」は来年も開催を予定しております。詳細は決まり次第、本学ホームページ、又は募金ニュース等にてお知らせいたします。

 今後とも引き続き多くの皆様からのご理解ご協力を賜りたく、どうぞよろしくお願い申し上げます。

アンコール・ワット遺跡 西参道修復工事支援のお願い

TOPICS