奨学金の新設と拡充 成果報告

受給者レポート:優心奨学金

総合人間科学部 心理学科 3年

 心理臨床の現場で働くことを目指しています。

 今回優心奨学金を受けとることができ、大学生活の中でもかなり多忙でストレスのかかりやすい時期を、「安心」と共に過ごせたと感じています。

 具体的には、頂いたお金は課題レポートのための書籍購入や、隙間時間での労働では賄いきれなかった生活費として使用させていただきました。忙しくストレスもある中、生活に不可欠な金銭面への不安が軽減されたことは、私にとってとても重要なことであったと感じています。

 おかげで勉学に集中することもでき、心の余裕をもって、これから人生を歩んでいく上でも、能力を高めていくうえでも重要と思われることをしっかりと学びとることができました。

 今回の奨学金受給によって学ぶことができたものを、この先より深まったものにしていき、自分の将来の生き方や仕事の基盤としていきたいと思います。そしてまた、今回私が奨学金をいただいたように、自分自身もいつか誰かの人生に資することのできる人間になりたいと感じています。