奨学金の新設と拡充 成果報告

受給者レポート:優心奨学金

長田 悠作

総合人科学部心理学科2年

長田 悠作

 この度上智大学篤志家奨学金を受給させていただくことになりました、上智大学総合人間科学部心理学科二年の長田悠作と申します。

 まず簡単な自己紹介をさせていただきます。両親は幼い頃に離婚したため生まれは愛知ですが、母方に引き取られ岐阜県で育ちました。厳しい経済状況でしたが小学一年生から大学二年の現在までの14年間野球を継続してきました。他人と違う家庭事情もあり、反抗的になったこともありましたが、大学に進学し母親の偉大さに気づきました。

 今まで苦しい思いをさせてしまった母親に少しでも恩返しをしようとこの奨学金に応募させていただきました。今までかけた迷惑を考えると雀の涙ほどではありますが、親孝行したという気持ちは表せたのではないかと思います。この奨学金で言語習得のために海外へ行ったり、今後も野球を続けていく活動資金にしたりと、有意義に使うことを誓います。この大学生活が大人になった自分から見て、充実していたと胸を張って言えるものにします。

ご支援のお願い