奨学金の新設と拡充 成果報告

受給者レポート:神学部奨学金

神学部 神学科 2年

摩庭 海人

御礼状

 神学部神学科2年の摩庭海人と申します。この度は神学部の篤志家奨学金を受給させていただくことになりました。神学部で1年間学んで来て、上智大学の建学の精神である、「他者のために、他者と共に」という言葉の意味を少し理解できたのではないかと感じております。人と人とを繋げるこの言葉は、キリスト教の教えの中でも重要な教えであり、イエスが実践した行為でもあり、世界を平和へと導く言葉でもあります。これからも、神学の学びを通して、どのようにこのキリスト教の教えを社会の中で実践していくかについて、学んでいきたいと考えております。

 このような時間と心の余裕をくださるのは、篤志家のみなさまのご好意によるものであることを忘れず、私も将来、社会の役に立てるように邁進して参ります。

 この度は本当にありがとうございます。

ご支援のお願い