奨学金の新設と拡充 成果報告

受給者レポート:神学部奨学金

水谷 澄香

神学部神学科1年

水谷 澄香

 この度は上智大学篤志家奨学金に採用いただきありがとうございます。

 私は今年北海道から上京し現在一人暮らしをしています。私の家庭は決して裕福とは言えず私が東京の大学へ行くことも最初は経済的理由で諦めていました。しかし上智大学で神学を学びたいという思いを諦めきれず親はもちろん祖父母、おば、おじなどたくさんの人に協力してもらい進学することができました。東京に来てからは親からの仕送りと日本学生支援機構の奨学金を第1種、第2種と2つ借りてなんとか生活できています。来年度からの学費も同時に貯めていかなければならないため週に5日アルバイトを掛け持ちしながらお金を貯めています。忙しい毎日に体を壊してしまったこともありました。そんな時にこの神学部篤志家奨学金の募集要項を見つけました。このように採用して頂けるとは夢にも思わなかったので大変光栄に思います。大切に使わせていただきます。

 また私は卒業後、宗教科の教員になりたいと考えています。いのちの大切さや世界問題など幅広いことを教えられる教員になりたいです。4年間精一杯努力し夢に向かって頑張っていきます。この度は誠にありがとうございました。

ご支援のお願い