奨学金の新設と拡充 成果報告

受給者レポート:竹島久子イギリス研究奨学金

谷口 眞理子

実践宗教学研究科 死生学専攻 博士前期課程

谷口 眞理子

 大学院博士前期課程・実践宗教学研究科死生学専攻の谷口眞理子と申します。
 既に人生の集大成の準備をしなければならない歳に差し掛かっています。上智大学のグリーフケア講座を経て、大学院に再入学いたしました。私は20世紀初頭のアイルランドの劇作家・J.M.Syngeの作品における死生観を研究しています。この時代はアイルランドがイギリスから独立する機運が高まった時期に当たり、文芸復興運動が最盛期を迎えた時でもあります。イギリスとアイルランドは、政治対立、宗教対立(プロテスタントとカトリック)、経済格差(地主と小作人)等様々な対立と格差がありました。Syngeはアイルランド・ダブリン生まれ、英語を母国語とする地主・知識階級に属する人でした。その彼がゲール語を母国語とするアイルランド・アラン島の人々の生活に触れて、彼らの生活を描き出しました。このことに注目しながら、研究を進めてまいります。貴重な奨学金はフィールドワーク等に使わせていただけたらと思います。感謝申し上げます。

ご支援のお願い