奨学金の新設と拡充 成果報告

受給者レポート:森善文・母子家庭父子家庭支援奨学金

森 あゆ子

外国語学部英語学科2年

森 あゆ子

 私は、外国語学部英語学科に所属しております、森あゆ子と申します。このたび、森善文・母子家庭父子家庭支援奨学金に採用していただき、ありがとうございました。心から感謝しております。

 私は、幼いころより英語教師であった父より英語を学び、毎日のように、父と母に英語と日本語で本の読み聞かせをしてもらっていました。12歳の時に父が病死して以来、母は私と妹を懸命に働き育ててきてくれました。その後も英語の勉強をつづけ、高校時代には奨学金をいただきスウェーデンに留学する機会をいただきました。現在、入学して1年半がたとうとしていますが、英語のみならず言語学、海外文学、文化心理学、翻訳・通訳など様々な分野に興味を広げ、将来は児童文学の翻訳家になることを目指し努力しています。また、アルバイトの合間に学生のボランティア団体で通訳ガイドとしての活動にも参加しています。第一志望であった上智大学へ進学させてくれた母の負担を少しでも減らしたいという思いで、今回奨学金に応募させていただいたので、実際に森様より奨学金をいただけることになり本当に感謝しております。

 将来、今学んでいることを生かし国際社会に貢献することができるように、これからも感謝の心を忘れず、充実した学生生活を送れるように努力する所存です。本当にありがとうございました。

ご支援のお願い