奨学金の新設と拡充 成果報告

受給者レポート:森善文・母子家庭父子家庭支援奨学金

総合人間科学部社会福祉学科

 森善文・母子家庭父子家庭支援奨学金にご採用いただきありがとうございます。これまでの2年間は、学費、生活費を賄いながらいかに学業と両立し、大学生活を実りある豊かなものにしていくかについて常に考え、試行錯誤する日々でした。アルバイトをすることは必須であるがそれだけではなく、自由に融通の利く大学生だからこそできる様々なことに広く触れたいと考えたため、サークル活動、ボランティア活動、資格取得等、様々な活動に取り組んできました。学業とアルバイトの両立に加え他の活動を行うことに困難を感じ、心が折れそうになることも多々ありました。しかし、こうして奨学金をいただく等、多くの方々にご支援いただき、大学生活を送ってくることができました。皆様に応援いただいていることを胸に、今後も学びを深く掘り下げ、活動の幅を広げていこうと思います。

 私の学生生活の中心は、精神障がい者の自立生活支援について考えることにあります。中学生の頃から身近に心の病に苦しむ人々の存在を多く感じ、支援に携わることについて考えてきました。心に病を抱える人のそばに少しでも寄り添い、私にできることは何だろうかと考え、支援の取り組みについて学んできました。大学生になり、上京して福祉の世界に飛び込んだとき、自らの活動の幅が大きく広がったことに衝撃を受けたことを覚えています。目についた福祉イベント、興味のあるボランティア等手の届く限りの様々な活動に取り組みました。現在は精神保健福祉士の資格取得に向け、精神科クリニックと地域施設にて実習に取り組んでいます。人のために生きることを自分の根本として持ち、いかに人のために行動できるか考え、今後の活動を模索していこうと思います。

ご支援のお願い