奨学金の新設と拡充 成果報告

受給者レポート:松本あす加・ドイツ語学科奨学金

近藤 海人

外国語学部 ドイツ語学科 2年

近藤 海人

 2018年秋からの在学履修(FU Berlin)に際し、上智大学篤志家・松本あす加奨学金を受給することになりました二年の近藤海人です。入学式後の学科説明会でドイツ語学科の先輩で、留学を前に亡くなられた人がいると伺いました。その時には、まさか彼女の遺志が継がれた本奨学金を頂くとは思いもしませんでしたが、そうして考えると、金銭的な援助を受けられるという安堵がある一方で、ますます身の引き締まる思いです。

 私にとって真新しい言語であったドイツ語の学習は、コミュニケーションでの新出表現の確認だけでなく、その都度、ドイツ語文化圏の中の差異を意識させられます。その中で、文化への関心が広がり、書籍や先生の話から、それを実際に鑑賞し、見識を深める今日です。現地に赴くという機会を頂いたからには、充実した在外履修にするべく、日々奮闘します。ありがとうございます。

ご支援のお願い