奨学金の新設と拡充 成果報告

受給者レポート:熊谷奨学金

村山 兵衛

神学研究科 神学専攻 2年

村山 兵衛

 このたび奨学金を頂く運びとなったわたしは、イエズス会という修道会に所属しながら、近い将来カトリック司祭(神父)として人々に奉仕するための準備をしている、神学生です。こんな自分になぜ奨学金?と感じてしまいました。でもよく考えてみれば、生まれてからこのかた、ある意味わたしの人生すべてが、誰かによって支えられてきたものだと、改めて感じさせられました。奨学金に対する恩返しは、わたしの場合、神に人生をささげるこの生き方そのものとなります。だから、お金ではなく、わたしのこの命をどう活用するか、それが、一生の探求課題となります。そして、この課題を、神学研究科において、学ばせていただいております。神に感謝。

ご支援のお願い