奨学金の新設と拡充 成果報告

受給者レポート:熊谷奨学金

佐藤 濯

神学研究科2年

佐藤 濯

 この度は、上智大学篤志家奨学金に採用していただき、感謝と感激の気持ちでいっぱいでございます。この場を借りまして、厚く御礼を申し上げます。

 現在、私は研究科の二年に在籍をし、神学と哲学の双方から、カトリックとは何かということを学んでおります。論文は自由という概念について考察を加え、執筆しております。自由というと、専ら自己についての考察だと考えられがちですが、他者との関係性を抜きにして考えることはできません。キリスト教は、自己と同時に他者に対しての考察を常に行ってきました。

 今回の採用をきっかけに、自らの学びが他者によって支えられているという自覚を深め、さらに精進していきたいと思います。

ご支援のお願い