奨学金の新設と拡充 成果報告

受給者レポート:哈爾濱学院顕彰奨学金

青鹿 恒喜

外国語学部ロシア語学科3年

青鹿 恒喜

 この度は、哈爾浜学院顕彰奨学金という貴重な奨学金を受け取ることができ、大変嬉しく、また誇りに思います。ありがとうございます。

 学科長である井上先生からの突然の連絡に「ついに何かしでかしてしまったか!」と震える手でメールを開けました。いざ蓋を開けてみると、奨学金の受賞の知らせで、驚きのあまり手の震えがさらに大きくなりました。

 高校生までの自分は勉強が苦手で、成績はお世辞にも良いとは言えませんでした。ここ上智大学ロシア語学科に入学することができたのが奇跡なほどです。しかし、1回目のロシア語のテストの成績が意外にも良かったことが嬉しく、次のテストでも頑張ることにしました。次もうまくいき、また次も。それを繰り返しているうちに、いつしか必死で勉強をするようになりました。ロシア語に追われる毎日は大変でしたが、何かに没頭し、充実した日々を送ることが楽しいものだと気がつきました。

 今思えば、あの1回目のロシア語のテストが自分の人生を変えてくれたのではないかと思います。自分にとって良い変化を与えてくれたロシア語とロシア語学科、そしていつも丁寧に指導してくださるロシア語学科の先生方に心から感謝しています。

 頂いた奨学金は、留学のために使わせていだだこうと考えています。ロシアで有意義な日々を過ごし、多くのことを学んできたいと思います。

ご支援のお願い