奨学金の新設と拡充 成果報告

受給者レポート:教育学科奨学金

新倉 実南子

総合人間科学部 教育学科 1年

新倉 実南子

 上智大学総合人間科学部教育学科1年の新倉実南子と申します。この度は上智大学篤志家奨学金 に採用して頂き、本当にありがとうございます。

 小学6年の頃から母子家庭になり、中学高校では様々な奨学金を活用させて頂き卒業することができました。家庭が経済的に厳しいことや弟がいることを考慮して、大学には行かず社会人になり生計の手助けをすることも考えましたが、どうしても上智大学への進学をあきらめることができず進学の道を選びました。憧れの学校で日々学ぶことができ、素敵な友人たちや先輩方にも恵まれ充実した日々を送っています。

 この度奨学金に採用して頂き、改めて教育を受けることができることへの有り難さを感じ、感謝の気持ちを忘れずより一層勉学に励んでいきたいと思いました。そして教育を受けたいと願う誰もが平等に教育を受けられるようになるために、自分がどのような勉強、努力をしていけば良いのか考え、取り組んでいきたいです。

ご支援のお願い