奨学金の新設と拡充 成果報告

受給者レポート:教育学科奨学金

総合人間科学部教育学科4年

 この度は、上智大学篤志家奨学金の奨学生として採用していただき、誠に有難うございます。いただいた奨学金は卒業研究、並びに文献の購入費として使わせていただきます。

 私は三人兄弟で、兄と弟も私立大学に進学し、授業料や生活費に家計が圧迫されておりました。そのような下で、今回採用していただき、親への負担を減らすことができることに大きな喜びを感じております。

 大学では途上国の教育に関心を持ち、国際協力プログラムやJICAでのインターンシップなどを経験し、様々な角度から学びを深めて参りました。卒業研究においては「アフリカにおける女子教育」をテーマに研究したく、そんな時この奨学金が決まり、実際に現地に出向くなどして深く研究したいと考えております。

 奨学生として責任をもってさらに勉学に励み、将来上智大学に貢献致します。採用していただき、本当に有難うございました。末筆ながら、皆様のご健康をお祈りし、お礼の言葉とさせていただきます。

ご支援のお願い