奨学金の新設と拡充 成果報告

受給者レポート:学生寮奨学金

野呂 清夏

総合グローバル学部 総合グローバル学科 1年

野呂 清夏

 上智大学総合グローバル学部総合グローバル学科1年の野呂清夏と申します。この度は皆様の貴重な財源を私の活動のためにご寄付いただき誠に有難うございます。1年次からこのような名誉な奨学金をいただくことができ大変恐縮です。私は高校生の頃、アフリカにおける女性の地位の低さに疑問を持ちました。そして、問題解決のために一度自分の目で現状を確かめてみる必要性を感じたため、大学入学後タンザニアに渡航しました。しかし、驚いたことに現地で差別の対象とされていたのは女性ではなく障がいを持つ人々でした。彼らの多くは、周囲の偏見ゆえに教育機会を奪われています。さらに、たとえ教育機会を得ることができたとしても、その授業内容は障がいの重度や種類の違いを無視した内容であるため、彼らの能力が最大限発揮されることはありません。私はこの現状を打開するための取り組みを行う上でこの奨学金を活用させていただく所存です。