よくあるご質問

寄付全般について
一口の寄付金額は決まっていますか?
金額の多寡は問いません。お気持ちでお願いしております。
募金はいつまで受け付けていますか?
締め切りはございません。
特定の先生や団体に寄付することは可能ですか?
できる限りご意向に沿う形でお受けいたします。払込用紙の通信欄にご要望(「○○学部のため」「○○団体現役活動支援のため」等)をお書き添えください。詳細についてはソフィア連携室までご相談願います。
寄付方法について
どのような方法で寄付ができますか?
金融機関窓口、インターネット等様々な方法でのご送金が可能です。こちらのページでご確認ください。
送金手数料はかかりますか?
下記銀行窓口から、所定の払込用紙をご使用の場合は、手数料はかかりません。
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ信託銀行
  • ゆうちょ銀行、郵便局
ネットバンキングをご利用の場合、上記取りまとめ銀行の本・支店間は手数料無料です。
その他、送金手数料等は大変恐縮ですが寄付者様にご負担をお願いしております。
払込用紙記入例はこちらのページをご参照願います。
所定の払込用紙が手元にありません
ご自宅等に郵送いたします。ソフィア連携室までお問い合わせ願います。
募金識別番号がわかりません。
ソフィア連携室までお問い合わせ願います。
海外からクレジットカード決済をする場合、郵便番号はどう入力すればよいですか?
ダミーとして、「999-9999」とご入力願います。
寄付金控除について
税金の控除はありますか?
SOPHIA未来募金は、税制上の優遇措置が受けられます。詳細はこちらのページをご覧ください。
ただし、年内(1月から12月)の寄付金総額が2千円以下の場合は対象外となります。
2千円以下の寄付の場合、寄付金控除は受けられますか?
本学以外にも、特定公益増進法人の証明を受けている機関等への寄付金があり、その累計が年間2千円を超えていれば、その額から2千円を引いた金額が寄付金控除の対象となります。
どうすれば控除をうけられますか?
「寄付金領収書」および本学からお送りする「特定公益増進法人証明書(写)」または「税額控除に係る証明書(写)」を寄付を行った翌年の確定申告の際に税務署に提出願います。詳しい手続き方法についてはこちらのページをご覧ください。なお、確定申告書類の詳しい記入方法については、ソフィア連携室ではお答え致しかねますので、所轄の税務署にご相談願います。
過去の寄付について、確定申告の際、寄付金控除の手続きを忘れてしまいました。あらためて申告できますか?
1年間は、さかのぼって申告することができます。なお、確定申告(住宅取得等特別控除などを含む)を一切していない場合は、過去5年間までさかのぼって申告できます。
領収書について
領収書は発行してもらえますか?
●個人寄付者の方
【所定の払込用紙をご使用の場合】
 受付窓口にて発行される「振替払込請求書兼受領書」が領収書となります。
【上記以外の場合】
 本学でご入金を確認でき次第、領収書を発行いたします。
 なお、クレジットカードについては入金の確認に1~2ヵ月を要しますことをご了承ください。
●団体寄付者の方
 ご寄付いただいた個人名義の領収書を発行することが可能です。ソフィア連携室までご相談願います。
領収証を紛失してしまいました。再発行してもらえますか?
領収証の再発行をいたします。再発行願(氏名、金額、寄付日、ご連絡先住所・電話番号)をFAX、eメール、お手紙にてお届けください。お急ぎの場合はその旨もお申し付けください。
領収書に記載の氏名・住所を変更することは可能ですか?
変更の上、再発行いたします。再発行願(氏名、金額、寄付日、変更内容、ご連絡先住所・電話番号)をFAX、eメール、お手紙にてお届けください。お急ぎの場合はその旨もお申し付けください。
顕彰について
寄付者名は公表してもらえますか?
ご芳名の公表を希望される方については、金額の多寡を問わず、年2回発行(4月/11月)の大学通信(募金ニュース)芳名録にて掲載させていただきます。なお、公表名は原則寄付者名とさせていただきます。
寄付者の特典はありますか?
ご寄付いただいた方全員にはささやかではありますが、記念品をお送りしております。その他、高額のご寄付を頂戴した方には相応の顕彰をご用意しております。詳しくはこちらのページをご覧ください。
その他
郵送物の発送先を変更したい。または、発送停止してもらいたい。
ソフィア連携室までご連絡願います。なお、ご卒業生の場合、ソフィア会への連絡もソフィア連携室にて代行いたします。