上智大学創立100周年記念事業募金
English
 
創立100周年記念事業募金のご案内
経過報告
免税措置
寄付者顕彰/銘板について
寄付によせて 〜メッセージ〜
募金により実現した創立記念事業
募る思い出 〜心に残る恩師は誰ですか?
各学部・学科・研究科専攻奨学金
ご寄付はこちらから
個人の皆様 法人の皆様
団体の皆様 海外から
100周年記念事業
上智大学ソフィア会
上智大学短期大学部ソフィア会
上智社会福祉専門学校ソフィア会
Give2Asia経由の寄付お申込みについて

アメリカ、香港からのご寄付が課税控除の対象になります

このたび上智学院は、サンフランシスコに本拠地を置くNPO団体であるGive2Asiaと同意書を交わしました。
これにより、上智大学へのご寄付をドル建てでGive2Asiaに送金し、Give2Asiaにこれらの寄付金が一定額以上蓄えられると、本学がその寄付金を受け取るという仕組みができました。

これまで、海外在住で居住国に納税している方が直接上智大学に寄付をした場合、税法上の優遇措置は受けられませんでしたが、アメリカ、香港の企業、個人および団体が、Give2Asiaを経由してご寄付をしていただくと、Give2Asiaから送付される礼状により、課税控除の手続きを行うことができます。

課税控除は、アメリカにおいては、1件あたり50米ドル以上のご寄付が対象となります。
香港においては、1件あたり4万香港ドル以上のご寄付を小切手でアジア・ファンデーション香港事務所に送付された場合が対象となります。

※カナダにつきましては、2009年よりGive2Asia 宛の送金は課税控除の対象外となり、税法上の優遇措置が受けられなくなりました。

なお、ご送金いただいたご寄付が、上智大学に入金されるまで相当の日数を要します。
芳名録(ご寄付者全員)および寄付者銘板(個人・団体10万円以上、法人50万円以上のご寄付を対象)へのご芳名の掲載は、ご寄付が上智大学に入金された後になりますので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

1.仕組み

仕組み
 

2.Give2Asiaについて

 アジア・ファンデーションによって2001年に設立され、寄付金控除が認められる(U.S.内国歳入法501(c)(3)、カナダ所得税法 149(1)(f)に該当する)NPO。アメリカ サンフランシスコに本拠地を置く。日本では、日本NPOセンターが窓口になっている。詳しくはhttp://www.give2asia.org/ へ。


3. 寄付の方法

方法1  インターネットによるクレジットカード決済 (US$建て)
@ 下↓の「Give2Asia経由の寄付お申込み」をクリック
A 寄付申込フォーム(Give2Asia経由)に必要事項を入力
B Give2Asiaのweb上の手続き画面へ(クレジットカード決済)

方法2 小切手を送付
@ 下↓の「Give2Asia経由の寄付お申込み」をクリック
A 寄付申込フォーム(Give2Asia経由)に必要事項を入力
B Give2Asia Gift Formをダウンロードし必要事項を記入
C Give2Asia Gift Formとともに支払先にGive2Asiaを指定した小切手をGive2Asiaへ送付

■香港からのご寄付について
 香港からGive2Asia経由クレジットカード決済で寄付を行った場合は、香港での課税控除の対象となりません。
 香港で課税控除をご希望の方は、小切手をThe Asia Foundationの香港事務所へお送りください。
 その際、小切手の宛名(payable to)をThe Asia Founadtionとしていただき、上智大学への寄付である旨を明記したGift Form(香港用)とともにお送りください。


ご寄付はこちらから
↓ ↓ ↓

Give2Asia経由の寄付お申込み

 

 
上智大学  短期大学部 上智社会福祉専門学校
ロゴマークについて